エポスカードはICチップ内蔵

クレジットカードは情報漏洩による不正使用が心配です。
悪質なお店では店員がクレジットカード情報を読み取る不正をすることもあります。
このような事態を防止するために使われているのが、ICチップです。
クレジットカード情報や個人情報をICチップに集約することで、情報漏洩がされにくくなります。

エポスカードにもICチップが内臓されています。
ICチップなら偽造をされにくく、不正使用がされにくいです。
安心してクレジットカードを使いたいなら、エポスカードのようなICチップ内蔵が良いということになります。
セキュリティがしっかりしているエポスカードは、信頼できるクレジットカードと言えるでしょう。

エポスカードがICチップと搭載しているメリットは、サインレスで決済できることもあります。
通常は必ずサインがないと、決済は完了しません。
しかしICチップがあることで、暗証番号を入力すればサインレスとなります。
レジでサインをいちいちするのは時間がかかるし、面倒くさいと感じる人も多いです。
サインが面倒なのでクレジットカードではなく電子マネーを使うというケースもあります。
しかしエポスカードなら、電子マネーと同じように支払いができて便利です。